懸賞 思うこと | 火の音と水の音

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

火の音と水の音

日々感じたことを随想として描いて行きます。
  COMMENTSTRACKBACKRECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
過去の清算

 ちょっと悲しいことがあった。

 悲しすぎて、一日、仕事中もそのことしか考えられなくなってしまっていた。

 多分、わたしの考えすぎなのかもしれないことだけど。
 それを頭では分かっていても、もしかしたらと悪い方、悪い方に考えてしまう思考から抜け出せない。

 そして、こんなに追い詰められてしまう根本を見つけるべく、わたしは過去の清算をした。

 今までずっと疑問に思っていたことを、改めて考えてみた。向き合ってみた。

 そうだ。
 わたしは、事実から逃げていたんだ。

 事実を事実として受け入れようとしていなかった。

 
 しあわせ は事実を受け入れたときから始まるのかもしれない。 
| 思うこと | 23:21 | - | - | |
こころ

 ああ、相手も自分と同じ気持ちでいるって感じた瞬間、本当に嬉しくなるよね。

 心、満たされる。


 わたしはいつも会話において、受身だったように思う。
 自分から話してみるようになって、何かが変わった気がする。
| 思うこと | 01:18 | - | - | |
主役

 以前に比べて、主役が苦手になった。
 
 会社でのお昼ごはんも、飲み会も、自分が注目浴びすぎると、他の人に話題をふって会話の流れを変えるようになった。

 注目されるのが嬉しいのは、以前から変わらない。

 だけど、最近、自分の自分に対する評価と、他人のわたしに対する評価が合っていないように思うんだ。
 
 誉められすぎると、不安になってしまう。
 
 いつの間にか、ちょっと謙虚になりすぎたかな・・。
| 思うこと | 04:16 | - | - | |
発見

 ついに行ってしまった。
 
 そして、わかったことは、家族や友達の方がずっと親身になってくれるということだけだった。
 
 でも、ある意味、 そんな発見が、うれしかった。
 
| 思うこと | 18:46 | - | - | |
永遠

 形あるものがなくなっても、今まで心に響いたことは全部残って行くと思う。

 何年経っても、何十年経っても、いつまでも色褪せない。

 そんな風に愛せた時間が、素敵だね。

 ずっと傍にいるよ。
| 思うこと | 15:52 | - | - | |